将来を見据えたメニュー開発 | メニュー開発ならイデアレスト

, 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト , 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト /
,
,
/ イデアレスト会社概要 サイトマップ


ホーム 飲食店,開業,開店 プロデュース 改善,再建,向上,飲食店経営コンサルティング 多店舗化・FC化・多角化 飲食店セミナー 人材育成研修 飲食店,メニュー開発 店舗デザイン制作

無料相談

出張相談

コラム

ブログ

健康寿命をのばそう。スマートライフプロジェクト

生きる人財育成 研修&セミナーIDEA道場




将来を見据えたメニュー開発が急務!

【食品値上げ=外食産業への影響大、これからの対策と将来へに向けて!】

イデアレストの門です.
今日から9月スタートですね。
まだまだ暑い日が続きますが
カラダには十分ご自愛ください。

農林水産省は28日、輸入小麦の政府売り渡し価格を10月から主要5銘柄平均で現在の価格より4.1%引き上げると発表。
この5銘柄はうどんや菓子で使用する2銘柄とパンや中華麺で使用する3銘柄。

うどんやスイーツ、ラーメン店、中華料理店、ベーカリーなどに多大な影響を与えそうです.
新聞によると、山崎製パンは、「商品数を絞り込む」や不二家は、「分量の企画見直し」で価格据え置きを目指すとしていますが、

では、具体的に
うどん、ラーメン、スイーツショップ、ベーカリーなど小麦粉がメインのショップはどうするべきなのでしょうか?
度重なる値上げが続くことで、さすがに企業努力での値上げ据置が難しくなってきていると思います.

ではどのようにすれば良いのでしょうか?
ちょっと考えてみました.

1案 セットメニューの新商品を考案し、既存セットメニューを削減して、値上げ幅を吸収
2案 米粉を使った麺やスイーツを開発して、ラインナップに加える
3案 これから食材が全般的に値上がりする事を想定して、全体的に値上げを考える
                                      等々

これから先、
小麦のように円安の影響による値上げは
原油価格も高騰し、食材物流コストも高騰が後押しし、
食材全般的な価格高騰へと繫がりそうです.

また、これからの外食産業は
来年4月から消費税増税を見据え、
徐々に新商品開発を進めるとともに、
メニュー全体の値上げを行ないつつ、
今回の食材値上げによる利益率の確保。
並びに消費税増税の際に少しでも
価格の値上げ幅を抑える(消費税増税により、提示価格はすべて内税表記となる見通し)ように工夫することで
顧客を獲得していくことが大切であると思います。

これからの外食産業は
これから続く消費税増税を含めた中長期的な戦略を構築し、
今から準備を進めることが重要です。

■飲食店に関するご相談はこちらへ【先着5社様無料相談受付中!】
■飲食店を新規開業したい方へ【飲食店開業プロデュース】はこちらへ
■【事業再建、リニューアル】はこちらへ
●売れる!メニュー開発はこちらをクリック!

 

 

お問合せ・ご相談は

/問合せ

お問合せフォームはこちらへ