飲食店コンサルティング | 営業戦略ならイデアレスト

, 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト , 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト /
,
,
/ イデアレスト会社概要 サイトマップ


ホーム 飲食店,開業,開店 プロデュース 改善,再建,向上,飲食店経営コンサルティング 多店舗化・FC化・多角化 飲食店セミナー 人材育成研修 飲食店,メニュー開発 店舗デザイン制作

無料相談

出張相談

コラム

ブログ

健康寿命をのばそう。スマートライフプロジェクト

生きる人財育成 研修&セミナーIDEA道場




飲食店コンサルティング・これからの営業戦略を考える

『外食産業のこれから!値下げ路線か?値上げ路線か?今こそ考え行動するとき』

deaRESTの門です。
昨日、読売新聞に下記のような記事を見つけました。

『マック値上げ、吉野家値下げ…外食、割れる戦略』

外食各社の価格戦略が分かれ始めた。

輸入食材の価格上昇などで値上げに踏み切る動きが出ている一方で、一段の値下げで集客増を図る試みもみられる。来年4月の消費税率引き上げも見据え、価格設定に苦慮する企業も多い。

皆様のお店は
コレからの外食を見据え、
どのような戦略を立てますか?

ガソリンの高騰や輸入野菜や粉ものの仕入上昇など
外食産業を取り巻く環境が大きく変化してきています。
来年の消費税増税も含め、
しっかりとした戦略を立てて今から実行する事が大切です。

私としては、
値下げではなく、新しいメニューを開発し良いものを適正価格で販売する戦略が望ましいと考えています。
値下げは集客はできるものの、
値上げする事は客離れを引き起こす危険性が高いことから
集客率低下=値下げをくり返すしか方法がなくなるのです。
ある意味『麻薬』です

だからこそ、今、値下げ路線から脱却する良い機会では無いでしょうか?
是非、この機会に来年を見据えた営業戦略を考えてみてください。

お問合せ・ご相談は

/問合せ

お問合せフォームはこちらへ