飲食店開業プロデュース | 外食産業の向かう先 イデアレスト

, 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト , 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト /
,
,
/ イデアレスト会社概要 サイトマップ


ホーム 飲食店,開業,開店 プロデュース 改善,再建,向上,飲食店経営コンサルティング 多店舗化・FC化・多角化 飲食店セミナー 人材育成研修 飲食店,メニュー開発 店舗デザイン制作

無料相談

出張相談

コラム

ブログ

健康寿命をのばそう。スマートライフプロジェクト

生きる人財育成 研修&セミナーIDEA道場




飲食店開業を目指すなら知っておきたい!これからの外食の向かう先!

「セグメント化戦略」に走る外食チェーン店

最近のワイン業態に代表される若い世代の飲食起業家たちの“ピンポイントパワー”はいまや飲食マーケットのあり方を変えるほどの流れとなっている。それに対し、マスマーケット戦略でリードしてきたチェーン系企業は、そうした起業家たちが産み出したヒット業態を後追いしたり、横並び的に広げた業態の数で勝負する量的な展開に走っているようにみえる。一見、セグメンテーション戦略にも見えるが、相変わらずマスを囲い込むための業態の着せ替えであることが少なくない。飲食すること自体に目的意識や価値意識が問われるいま、「後追い」や「着せ替え」では長続きしないだろう。チェーン系企業がこれから取り組むべき課題は、ターゲットや出店エリアの絞り込み、独自の価値軸にポイントを置くセグメンテーション戦略を中心にしたニューマスマーケット戦略ではないか。/2011.12.3 GOOニュースより

 

【門の一言】
これから飲食店を開業したい方へのメッセージ
これからの外食の向かう先を考えてみよう!
私が思うビジョン・キーワードは、『ピンポイント』『カスタマー』『こだわり』!

■『ピンポイント』とは
広範囲のマスマーケットから絞り込んだマーケットへのアプローチ!
明確な客層をターゲッティングする。

例えば、
30代OLでダイエット&ビユーティーを意識した食べ物を好むバリバリのキャリアOL。
自分のために『食』への投資をいとわない層であり、
自分の価値観で『食』を選ぶ層でもある。
なおかつ、利便性を好む層といった感じ。

■『カスタマー』とは
お店側のこだわりの押しつけではなく、
ピンポイント顧客のニーズをしっかりとマーケティングしたベースメニュー開発と販売。
そして、さらに自分だけの=カスタマーできるメニューであること。
例えば、ソースが選べる。野菜が選べる。ボリュームが選べる。食材が選べるなど

■『こだわり』とは
「調理へのこだわり」「食材へのこだわり」「安心、安全へのこだわり」「サービスへのこだわり」などなど。
こだわりを持ったお店はいっぱい世の中にある。
しかし、実際、顧客にその『こだわり』は伝わっているのだろうか????

五感を刺激する『ブランディング&マネージメント』を構築し、
実践しているお店がこれから外食を牽引するのではないだろうか。

※イデアレストが考える『ブランディング&マネージメント』とは
  ■視覚的なツール(ポスター&メニューなど)での訴求
  ■スタッフのセールストークアプローチ、気づき、共感
  ■こだわったことが伝わる商品や空間
  これらの要素をいかにプランニング&マネージメントするかが
  成功のロジックを作り上げる。

 

お問合せ・ご相談は

/問合せ

お問合せフォームはこちらへ