飲食店研修① | 接客研修ならイデアレスト

, 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト , 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト /
,
,
/ イデアレスト会社概要 サイトマップ


ホーム 飲食店,開業,開店 プロデュース 改善,再建,向上,飲食店経営コンサルティング 多店舗化・FC化・多角化 飲食店セミナー 人材育成研修 飲食店,メニュー開発 店舗デザイン制作

無料相談

出張相談

コラム

ブログ

健康寿命をのばそう。スマートライフプロジェクト

生きる人財育成 研修&セミナーIDEA道場




飲食店研修 変貌する接客サービス①

deaREST代表の門です。

暖かくなったり寒くなったりと気温の変化が激しく、そして、花粉症が大流行りな今日この頃ですが、

うちのスタッフも花粉症と奮闘中!(クシュンクシュンとかわいそうです)

みなさまも、どうぞご自愛ください。

私は3月に入るとバタバタと出張人生がはじまるので、その準備に追われている毎日。

幸い花粉症はないので、後は風邪等をひかないように注意するのみ!がんばるぞー

 

さてさて、では今日のブログをはじめましょう。

外食産業のサービスにおいて、「脱マニュアル」と言われて久しい昨今ではありますが、

まだまだマニュアルが全てといった風潮が根強く残っているのが現実です。

そもそも、「マニュアル」ってなんでしょうか?

マニュアルとは本来、サービスの根幹である

『ホスピタリティー(お客様の立場に立ってモノゴトを考え行動する)』

という思想をベースに考えられ、サービスレベルの標準化や、

トレーナーがトレーニーへ教育するための教本的な役割を果たすために作られたものです。

では、新人さんにマニュアルを渡して(あるいはビデオを見せて)読んでおくようにといい、

後日、OJTでテクニックだけを教えるお店が未だ多くありますが、

果たしてこれで、ほんとうにお客様を満足させるサービスができるスタッフになれる・・・!?

 答えは、NO。

マニュアルはサービスの基礎を学ぶために必要不可欠であるとともに、

実は、そのマニュアルを使ってトレーナーが「どう教えるか」が、

CS(お客様満足度)を向上させるための非常に重要な第一歩になるのです。

そう、「脱マニュアル」=「マニュアルなんて必要ない!」ではなく、

マニュアルに記載されている動作・テクニックを『なぜ』行うのか?

この『なぜ』を教え、かつ、『スタッフに考えさせる(スタッフへ問いかけて理解させる)』

ことがスタッフ教育で最も大切なポイントなのです。

人は、「与えられた答え」より「自ら導き出した答え」をより記憶する能力を備えています。

正解をただ教えるだけでは “頭や心に記憶されず、すぐに忘れてしまう” のです。

だから、私のスタッフ育成のプロセスは、全て「問いかけ」から始まります。

自分で導き出した答えは、ある種「宣言」にも似た意思が宿るからです。

そうする事で、自分で考える力がつき、発想力が生まれ、モチベーション(やる気)が向上し

「やらされている感」から「私もやる!」とう意識づけの基礎が生まれます。

この考え方が『イデア道場』のカリキュラムにも活かされています。


 

 

お問合せ・ご相談は

/問合せ

お問合せフォームはこちらへ