飲食店開店編 ⑶資金調達をどうするか ② | 飲食店開業ならイデアレスト

, 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト , 飲食店・ホテル・商業施設 総合プロデュース&コンサルティング イデアレスト /
,
,
/ イデアレスト会社概要 サイトマップ


ホーム 飲食店,開業,開店 プロデュース 改善,再建,向上,飲食店経営コンサルティング 多店舗化・FC化・多角化 飲食店セミナー 人材育成研修 飲食店,メニュー開発 店舗デザイン制作

無料相談

出張相談

コラム

ブログ

健康寿命をのばそう。スマートライフプロジェクト

生きる人財育成 研修&セミナーIDEA道場


 

飲食店開業編 ⑶資金調達をどうするか ②

今日は、【開店編】⑶資金調達をどうするか ②

前回挙げた項目、1)2)についてです。

1)⑵出店に必要な費用を試算するを参考に、開業に必要な概算予算を算出する

     ⑵出店に必要な費用を試算するを参考に、
     自店に必要な概算予算金額を算出してみてください。

2)自己資金からわかる最大借入額を知る
 
  まず、借入するための自己資金の金額は、概ね投資総額の1/3程度が必要であると言われていますが、
  2/3の融資を受けるためには様々な条件をクリアしなければならないため、
  実際に借入できる金額は、予想投資総額の1/2程度であると思っておくと良いでしょう。

  例えば、予想投資総額が1,000万円の場合、自己資金は500万円となります。

  ここでは、低金利である国の機関からの借入を想定してお話して行きましょう。
  (ちなみに、銀行で創業支援融資制度を利用すると金利は約8%~15%と言われていますが、
   ほぼ15%と思って良いでしょう。
   それに対し、国の機関である日本政策金融公庫の金利は約2~3%です。)
   <font size="1">※2010年6月現在 当社調べ</font>

次回、無担保無保証の場合の資金融資について、各機関が定める条件を紹介致します。

■飲食店に関するご相談はこちらへ【先着5社様無料相談受付中!】
■飲食店を新規開業したい方へ【飲食店開業プロデュース】はこちらへ
■【事業再建、リニューアル】はこちらへ
●売れる!メニュー開発はこちらをクリック!

お問合せ・ご相談は

/問合せ

お問合せフォームはこちらへ